沈澱中ブログ

お笑い 愚痴

祖母宅にて

2020年6月20日。朝からパチンコを打ち、8,500円を失った。霜降り明星版ダンシング・ヴァニティ、もといオールナイトニッポン0をリアタイして寝不足だったせいで、調子が出なかったのだ、ということにしておく。 それから、79歳の祖母と待ち合わせをし、焼肉…

タイトルは思い付かんかった

ここ数日で、ツボにハマったことが二つある。一つ目は、飯を食いながら動画を配信していたホリエモンが、寄せられた「ちゃんと野菜取って偉い」というコメントに対して、「野菜は美味しいから食ってんだ、馬鹿。ほんと死ね」とブチ切れている映像を観たこと…

リクルートスーツの無個性さとやらについて

僥倖に恵まれたお陰で無事に内定をゲトったので、映画観てメキシコ料理食ってパチンコ打ってバーで酒飲んで煙草吸って電車の中で本を読みながら帰宅するという、健康で文化的な最大限の生活を送っている。 俺は就活に際して、黒のリクルートスーツを購入しな…

Twitter、始めました。

Twitterを始めた。目まぐるしく変化する社会を予測することは個人レベルでは困難ですから、せめて変化を敏感に察知し、適応する力を身につけねばなりません、そのために私はTwitterアカウントを作成し、日々ニュースや話題とそれに対する人々の反応に目を通…

一年に一度、思い出す人

とても曖昧な記憶なのだが、確か「伊集院光とらじおと」にゲスト出演したくりぃむしちゅーの有田哲平に対して、同番組のアシスタントの女性が、「有田さんとは同じ番組で少し共演していた期間があるのだが、その番組が終わってから初めて有田さんと会った際…

細部に神を宿す前に、腐った骨組みをなんとかせえ

今このブログを読んでいる、そこのあなた。あなた、お父さんは亡くなっていませんね? ……と、まあこう文字にして問うと、「亡くなっていませんね? ってことは、まだ死んでないよね?って意味やんな」と解釈をする人が大半だろう。ところが、これが会話だっ…

江戸の風を嗅いでみたい

2020年5月5日の爆笑問題カーボーイの冒頭数十分のトークは、爆笑問題をやっぱ好っきゃねんと感じさせる放送でした(放送全体で一番印象に残っているのは、その後のネタメール「もし小池都知事が漫才師になったら、ツカミで『別嬪さん、別嬪さん、2メートル飛…

漫画原作者・狩撫麻礼

最近、あまりテレビを観ていない。コロナのせいで再放送や総集編が多くなってしまったからだ。そんな中楽しみにしていた5月3日の「ボクらの時代」は、山田ルイ53世、スギちゃん、コウメ太夫というゲスト、しかも番組始まって以来初のリモート鼎談だった…

フェミニストが蔑称と化したこの国で

志村けんの死はコロナの恐ろしさを我々に伝えてくれた最後の功績、という小池百合子の言葉が孕む無自覚なおぞましさに絶句したりしている内に、COVID-19(コロナ)の煽りを受けて俺の就職活動も半ばストップしてしまった。企業の多くが説明会の中止、ES締め…

ブログ閉鎖

ブログを閉鎖する。四月が来てしまう前に。理由はシンプルに、飽きてしまったからだ。最近、無気力感がえぐい。就活からの逃避願望が原因だ。現在細々と自営業みてえなことをしているのだが、まあそれだけで食ってはいけない。爪に火を灯す生活をすれば何と…

『304号室 青木』を安易に怖いと言うのはやめませんか

どうも、おはこんばんちは。元々僕はめちゃイケを観て育ったためネット民みたいに宮迫に対して嫌悪感がなく、「田村亮の復帰は歓迎するくせに、宮迫は嫌いやからって理由だけでバッシングしまくるの、キショいなあ」と思っていたのですが、岡本社長の会見み…

今更やが、ノルディック親父の話

僕にとって、水曜日のダウンタウンと並んで毎週の楽しみ、生きる希望となっているのが、相席食堂だ。一時間番組になったことで多少の不安はあったが、今のところはきちんとパワーダウンせずに面白いままだ。ダウンタウンが天下を取る過程を観ていた視聴者の…

こんな時代やから、永野が好き

水色のシャツに真っ赤なズボンを履き、髪を搔き上げながらカメラを指差す奇人、永野。僕は永野が大好きだ。番組で落とし穴に落とされてとんねるず相手にブチ切れ、番組途中で帰った(実際にはグダグダのリアクションをしたあと、「永野、あのリアクションひど…

「教養のある笑い」を称揚する諸君は、『大日本人』を評価してんねやろな?

「教養のある笑い」という言葉がよく使われますが、「戦争は続くよ どこまでも」という記事でも書いた通り、僕は松本人志監督の『大日本人』を傑作だと考えているため、お笑いファンやダウンタウンファンも含めた大勢の人々が『大日本人』を駄作やと断じてい…

映画『シャイニング』がアメリカの観客に与えた恐怖の根源とは何か

『JOKER』を観に行ったら『ドクター・スリープ』の予告が流れてきたので、かつて大学の講義の課題として提出したキューブリック版『シャイニング』について、再掲します。ちなみに成績は、百点くれるかな、と意気揚々としていたら、八十五点というボチボチな…

『時効警察はじめました』に福田雄一を呼んだ奴の鼻梁を殴らせてくれ、マジで三十万円払うから。

こやけ! 色々とバタバタしていて半ば存在も忘れていたブログを、十か月ぶりに更新しやす。理由は、本稿のタイトルを見ていただければ分かるかと思いますが、ブチギレているからです。あまりにも腹が立ったものの周りに『時効警察はじめました』を観ている人…

かすり傷すら致命傷

かつて、『今ちゃんの「実は…」』という番組で後輩芸人から、「小籔さんってモデルみたいにシュッとした体型で背ェも高いんやから、もっとモテてええのに!」とイジられた小籔が、すぐさま「アホか。背が高い、いうんは、ある程度のルックスがあって初めて価…

戦争は続くよ どこまでも

2ちゃんねるの創設者として知られるひろゆき氏の、インタビュー時などにおける一人称が「おいら」である、というのを最近知った。超面白い。けどまあ、そんなことはどうでもいい。本稿にはマジで何の関係もないので、早速本題に入る。 僕は、好きなお笑い芸…

ブログ開設

ブログを開設した。新年ではなく、あえて大晦日に。インスタは写真を撮るのが面倒、ツイッターは人との距離感がバグった文盲が多すぎる、ということで、ブログである。尤も、定期的に文章を書いて文章力の衰えを防ごう、というのが主たる目的であるから、極…