沈澱中ブログ

お笑い 愚痴

かすり傷すら致命傷

かつて、『今ちゃんの「実は…」』という番組で後輩芸人から、「小籔さんってモデルみたいにシュッとした体型で背ェも高いんやから、もっとモテてええのに!」とイジられた小籔が、すぐさま「アホか。背が高い、いうんは、ある程度のルックスがあって初めて価値が生まれんねん。うんこを高らかに持ち上げたところで、誰も褒めてくれへんやろ!」と返した姿は、バラエティ史に残る名シーンだと思うのだが、あまり話題になっていない。腹抱えて笑った記憶があるのに。

これと並んでもう一つ、小籔のバラエティ番組における言動で印象的だったのが、アメトーークの「カメラかじってる芸人」における、「カメラ女子が撮ってるんは、空と犬と猫とカプチーノだけ」というものだ。スタジオ中が爆笑し、僕も大笑いした。「カメラ女子とかいけ好かないけど、理由をうまく言語化できない」という多くの人々のモヤモヤを凄まじい速度で吹き飛ばした瞬間だった。

だが、2019年になろうかという今なお、この切り口で包丁を入れる人を見かけると、キッツ、と思う。この放送があったのは、2013年である。まだ言うてんの、それ? だ。

インスタ映えとかティックトックとかフラッシュモブとかに対する批判も、同様である。確かに僕の中にも、それらに対して「しゃらくせえ」と思う気持ちはある。だが、それを高らかに言ってしまうキツさ。「何がインスタ映えだよ! そんなもんしたところで、お前はブスのままだよ」という得意げな台詞は、「酢豚の中にパイナップル入れるっておかしいだろ!」と同レベルである。そりゃそうかもしれんけど今更声高らかに言うのはダサいやろ、好きな人もおんねんからええがな、というヤツだ。

特にインスタ映え批判。2017年に南海キャンディーズの山ちゃんが、インスタ映えを「いいねのカツアゲ」と評した。もう、本来はそこで終了の筈である。その時点で、この切り口におけるインスタ映え批判の最高速度が出たのだから、今後インスタ映えを批判する者は、さらなる面白フレーズを考案するか、全く別の切り口で批判するか、二者択一である。それをいつまでもダラダラと、同じ切り口でいつまでしゃばいことしとんねん、と思う次第だ。

こういう、「安易に流行に流される奴らとは違う俺」を標榜する奴らは、「安易に流行に流される奴らとは違う俺」というポジションに安易に就こうとしている。ダサい、ダサい。

ただ、オードリー若林が2015年辺りに「斜めからモノを見る奴らにとっては、お前がいるそこはもはや正面だよ」的なことを言っていた気がするので、本稿の主張もまた、新鮮さがないかもしれない。僕は僕で、「安易に流行に流される奴とは違う俺、というポジションに安易に就く奴はダサい、と批判するポジション」に安易に就いているのかもしれない。一度疑い出すときりがない。無間地獄。どうすればいいのか、って答えは単純、自分の好きなモノに素直に手を伸ばせばいいのだ。人間だもの。みつを。相田みつをって、あんま大したこと言うてないよね、自己啓発本と変わらへん。「死ぬこと以外かすり傷」とか言う奴を見ると、「かすり傷やんな?」って言いながら半殺しにしたくなりますよね。ならないですか? ああ、そうですか。じゃあ結構。はい、終わり。